チャイルドマインダーの仕事のやりがいとは?

チャイルドマインダーとして働くことや、その仕事のやりがいといったものは、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、チャイルドマインダーの仕事のやりがいについて、みていきたいと思います。

 

一人ひとりの個別ケアが行える

チャイルドマインダーは、原則として4人までのこども達の保育に携わることが可能となっています。大人数を預かる仕事である保育士とは違い、チャイルドマインダーは少人数制となりますので、こども一人ひとりに深く関わることが出来るのです。

 

つまり、一人ひとりに合った個別のケアを行っていくことが出来るということなのです。これが、チャイルドマインダーが個別保育のプロフェッショナルと言われる理由でもあります。

 

こども一人ひとりに対して深い関わりを持ち、その子に合った保育を行うことが出来るというのは、とても大きなやりがいに繋がることでもありますよね。保護者の方からの要望にも応えやすく、信頼関係を築きやすいということもあります。

 

保育士として働いている際に、もっと一人ひとりの保育を行っていきたいという思いから、チャイルドマインダーの仕事に移られた方もおられますよ。

 

成長を感じることが出来る

こども一人ひとりの保育に深く携わっていくチャイルドマインダーの仕事では、こどもの成長を感じる事が出来ます。

 

保護者に近い立場で、こども達により多くの愛情を注ぎ、成長を感じることが出来た際にはとても大きなやりがいを感じられます。

 

こども達が保育所に通うのを楽しみにしてくれるような、そんなチャイルドマインダーとなることが出来れば、それこそやりがいがあります。

 

また、初めは泣いていたこどもが、日に日ににっこりと笑って過ごしてくれるようになったり、たくさんお話をしてくれるようになったりということをやりがいと感じる方もおられます。

 

どのような事でもそうですが、自分がやりたかったことはコレだ!と自信が持てる瞬間が訪れた時に、大きなやりがいを感じる事が出来ますよね。