チャイルドマインダー|どんな人が資格を取得しているの?

自分の今置かれている状況をうまく活かして、自分の仕事としている方って結構いらっしゃいますよね。

 

例えば、昔レスリングをやっていて体力に自慢があるので、引越会社で働いている友だちがいますが、自分の特性や体格を活かして上手く就職先を見つけた例だと思います。

 

そんな仕事の探し方は正しく、あるべき姿であると感じています。

 

その中で、個人的に注目しているのが「チャイルドマインダー」という職業です。

 

簡単に言うと、自宅などで保育をできる資格のことで、年々取得者が増えている人気の資格です。

 

少人数のお子様しか対応できませんが、その分だけ小規経営ができるので、個人でも起業しやすい職業だと注目を集めています。

 

そのチャイルドマインダーの仕事をするには、チャイルドマインダーの資格を取得しなければなりません。

 

決して難しい資格ではないものの、費用面で負担がかかるので取得する人は限られます。

 

では、チャイルドマインダーの資格は、どのような方が取得する資格なのでしょうか?

 

今回は、チャイルドマインダー資格を取得する人の特長を調査してみました。

 

資格はどんな人が取得している?

チャイルドマインダーの資格を取得する人の傾向としてあげられるのが、既に保育士などの資格を持っている方が、起業や小規模の保育を希望して、チャイルドマインダーの資格を取得しています。

 

確かに、大人数を相手にするのは非常に大変ですし、それでも子どもと触れ合える職場で働きたい方が、このチャイルドマインダーになるのは当然の流れだと言えるでしょう。

 

他にも、子供が好きな主婦の方が取得を目指しているようです。

 

取得されている方の年齢層は?

チャイルドマインダーの資格を取得している方の年齢分布はどのようになっているのでしょうか?

 

私が調べた限りでは、30〜40代の方が多いようです。

 

保育士の場合は、もう少し若い年齢層の方が多いですが、このチャイルドマインダーは少し年齢層的には高くなっているのが特長です。