チャイルドマインダーにはどんな働き方がある?

チャイルドマインダーとしての働き方には、どのようなものがあるのでしょう。

 

将来チャイルドマインダーの資格を取得しようとされている方や、興味をお持ちの方に、チャイルドマインダーの働き方についてご紹介していきます。

 

チャイルドマインダーの働き方

チャイルドマインダーの働き方には、いくつかのものがあります。

 

保育園や企業内の託児所、病院内の託児所などで働く方法もありますが、その他の働き方が主流です。

 

その主流な働き方とは、以下のようなものがあります。

 

・自宅で開業し、少人数保育を行う
・依頼者の自宅に訪問し、保育を行う
・何人かのチャイルドマインダーと一緒に、ある程度の人数の保育を行う

 

このように、自分が目指す保育のスタイルにあわせて、働き方を選ぶ事が出来るのです。出勤・退勤というようなものが無く、自分の時間の都合によって保育をおこなうことが出来ます。

 

ここで、保護者の方の立場になって考えてみましょう。

 

仕事で急に出張になってしまったという場合や、急な用事ができてしまったという場合などに、保育園などでは預かってもらえないという事があります。

 

ですが、個人で少人数保育を行っているチャイルドマインダーであれば、依頼もしやすいですし、チャイルドマインダー自身の都合もつきやすいというメリットがあります。

 

突然預かって欲しいという事になるケースは多く、チャイルドマインダーはそのような際にも活躍することが出来ます。このように、世の保護者の方のお助けマンのような役割を担うこともあるのです。

 

何人かのチャイルドマインダーが一緒になってある程度の人数のこどもを保育する場合には、リーダーとなる方はそれなりの統率力が必要となります。

 

それぞれのチャイルドマインダーがそれぞれに違う考えを持って保育を行うことになっては、成り立たなくなってしまいます。

 

働き方を選べる仕事ですが、複数人で行う場合には、それなりに大変なこともあるのです。