チャイルドマインダー|資格の種類はどんなものがある?

日本政府が今力を入れているのが、都心部における「待機児童問題」に対してです。

 

待機児童とは、保育を受けたい子供がいるのに、それに対して保育園が不足しており需要と供給がアンバランスになっていることにより発生しています。

 

保育所数は実は急激に増えているのですが、待機児童の問題はむしろ拡大しているという不思議な傾向が見えてきています。

 

そんな中で、保育所のような大掛かりな施設ではなく、家庭レベルで行える保育として「チャイルドマインダー」という資格に注目が集まっているんです。

 

他にも、いくつか保育に関する資格は存在していますが、どのような種類があって何が異なるのでしょうか?

 

今回は、保育に関する資格の種類について説明してきます。

 

保育に関する資格は3種類あります!

保育に関する資格を調べてみると、先に紹介したチャイルドマインダーを含めて3種類存在しています。

 

まず有名なのは、「保育士」資格でしょう。

 

保育士というのは、保育園などの大人数を相手に保育をすることができる資格になります。

 

具体的には、最大30名程度の子供について保育することになり、相当なスキルが必要とされる資格となります。

 

次に、「ベビーシッター」という資格があります。

 

これは、主に保育を受けたい子供がいるご家庭に訪問して、保育を行う職業になります。

 

人数的には2人までというルールが有りますので、結構縛りがある資格であります。

 

最後に、チャイルドマインダーですが、こちらは家庭保育を実施できる資格で、3名程度の保育を想定している資格になります。

 

チャイルドマインダーの最大の違いは?

では、チャイルドマインダーと他の資格の最大の違いはどこにあるのでしょうか?

 

それは、家庭保育で継続的に子供の保育を続けることができる点です。

 

少人数でじっくりと保育できますし、家庭で保育できるのである程度の自由が効くのも魅力であり、自身もお子様をもつ主婦の方から注目されている資格になります。