チャイルドマインダーの役割とは?

チャイルドマインダーの役割とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、チャイルドマインダーは「少人数保育のスペシャリスト」と呼ばれる程、家庭的な保育サービスを専門としています。そのため保育園や幼稚園などの集団保育とは異なり、チャイルドマインダーは一人あたり最高4人までという少人数保育なのが特徴です。

 

また、子供を主体とした教育やかかわり方に工夫を凝らし、子供一人ひとりの「個性」を大切にしていきながら自立心を育成していくという役割があります。

 

チャイルドマインダーの保育形態とは?

チャイルドマインダーは、保育士やベビーシッターとは異なり大きく分けて2種類の雇用形態があります。一つ目は、自宅や近隣に保育ルームを開設し少人数制の保育をする形態、二つ目は利用者のもとへ直接伺い保育するという二種類です。

 

一人で悩みながら子育てをしている方や、将来の子育てに不安を持っている方、保育を短時間でも安心して子供を育てられる環境を提供する事、これがチャイルドマインダーの役割です。短時間でも、安心して子供を預けられるそんな場所があれば働きたいお母さんも安心して仕事に行くことができますね。

 

社会が求めているチャイルドマインダーとは?

近年では、特に待機児童が激増しています。働きたくても安心して子供を預ける事ができない、預けられる場所がない…それが社会問題になっています。また、幼い児童が誘拐され殺されてしまうなど悲しい事件が多発し、子育て支援の必要性が高まってきています。

 

そんな社会だからこそ、このチャイルドマインダーのように少人数制で安心して子供を預けられる場所が必要なのではないでしょうか。集団保育では、行き届かない一人ひとりの「個人」を大切にするという教育、働く側も預ける側も無理のない雇用形態が選べるそんなチャイルドマインダーに注目が集まっています。

 

これからもっとこのチャイルドマインダーが社会に普及していけば、社会問題を解決するだけでなく児童一人ひとりに関心を持つ事で「質の高い教育」が成せるようになるでしょう。

 

以上がチャイルドマインダーの主な役割です。