チャイルドマインダー検定試験の出題内容

チャイルドマインダーの資格を取得するためには、チャイルドマインダー検定試験を受験することになります。この試験に対して不安を持っているという方もおられるでしょう。

 

そこで、チャイルドマインダー検定試験の出題内容などについて、ご説明しようと思います。

 

チャイルドマインダー検定試験を受験する前に

チャイルドマインダー検定試験を受験しようとされている方に、一つだけ注意点があります。

 

もちろんチャイルドマインダーを目指す方であればご存知だとは思うのですが、この検定試験は、チャイルドマインダーの養成講座を修了していなくては受験することが出来ません。

 

独学で試験に挑もうとされている方であれば、受験すること自体が不可能となりますので、注意してください。必ず、通信制や通学制のチャイルドマインダーの養成講座を受講しなくてはなりません。

 

講座内容を理解していれば大丈夫

チャイルドマインダー検定試験は、各資格認定団体によって出題内容が異なっています。ですが、基本的にはどの検定試験でも、チャイルドマインダー養成講座にて学んできた内容を中心として出題されています。

 

ですので、しっかりと講座の内容を理解してさえいれば、合格することは十分に可能なのです。

 

内容としては、以下のようなものになります。
・0歳〜12歳までのこどもの保育知識に関する問題
・病気や怪我などの応急処置に関する問題
・こどもの食事や栄養などに関する問題
・保育ビジネスに関する問題
・こどもの遊びやしつけに関する問題
・チャイルドマインダーの位置づけに関する問題

 

このような内容での出題が行われているようです。団体によって出題内容や方法は異なりますので、あくまでも目安として考えてください。

 

また、試験の形式は筆記試験となっており、40分〜60分の試験となっています。合格率は、90%にもなっている高い団体の試験もあり、難易度としては低めといえる検定試験です。

 

どのような内容が出題されるとしても、養成講座での学習をしっかりと行い一つずつきっちり理解していれば、合格出来ます。特に不安に思う必要もありませんし、身構える必要もありません。

 

チャイルドマインダーとしての専門的知識をいかにつけることが出来たかという事を、自分で試すような機会だと考えていいと思います。