チャイルドマインダーの資格|自宅開業するメリットとは?

チャイルドマインダーの資格を取得後に、チャイルドマインダーとして働くことはもちろん可能ですが、その他にも開業するという方法があります。

 

開業と聞くと、大変そうというイメージがあるかもしれませんが、メリットもあるのです。

 

ここでは、チャイルドマインダーとして開業するメリットについてご紹介していこうと思います。

 

開業についてのあれこれ

チャイルドマインダーとして開業するためには、まず自宅で開業するのか、施設を借りて開業するのか、訪問型として開業するのか等を決めなくてはなりません。

 

どのように開業するのかによって、準備するものや費用は大きく異なる事になります。

 

自宅の場合にはリフォームの必要があったり、家族の理解が必要となります。

 

安全面や衛生面などもしっかりと考慮し、それなりにきちんとした設備を整える必要があると同時に、こども達のおもちゃや救急箱などを揃えることも必要になります。

 

施設を借りる場合であっても、手続きや設備を整えることが大変になります。

 

訪問型として開業した際には、利用者の方の自宅に訪問しますので、特別大掛かりな準備が必要となるわけではなく、スムーズに開業できると言えます。

 

理想の保育を実現するために!

チャイルドマインダーの資格を取得した後、開業するという夢をお持ちの方や、実際に開業されている方は多くおられます。

 

開業することは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

1,自分が理想とする保育が実現できる

まず、自宅で開業するにしても、施設で開業するにしても、訪問型で開業するにしても、どの場合でも共通しているメリットがあります。

 

それは、自分が理想とする保育が実現できるということです。自宅で開業する場合であれば、そのメリットは尚更大きく感じる事ができるかもしれません。

 

2,訪問型として開業する場合、準備がほぼ不要

訪問型として開業した場合には、リフォームや施設整備などが必要ありませんので、スムーズに開業することが出来ます。

 

利用者様とのトラブルを避けるために、誓約書などは色々と必要になりますが、それでも手間という手間ではありません。

 

3,自分のこどもも一緒に保育できる

自宅や施設などで開業した場合、自分のこどもも一緒に保育できるというメリットがあります。

 

待機児童が多いと言われている中、保育園などを探すのは難しい部分があると思います。そのような場合でも、利用者様のこどもと同じように、一緒に保育していく事ができるというのは大きなメリットと言えます。