チャイルドマインダー資格の必要性について

日本の抱える問題のひとつに、少子化の問題があります。

 

出生率が増えないと、この後の日本は立ちゆかなくなるのは明白な事実であり、日本政府もあの手この手を打って出ていますが、なかなか効果として現れていないのが現状です。

 

そんな中で、保育所の能力オーバーで入所できない子どもたちがいるのも事実です。

 

少し矛盾する感じもあるのですが、これは都心部に人が集中しすぎているために発生しているのです。

 

この問題に対して、保育所を増やすなどの対策をしていますが、なかなか実を結んでいません。

 

そこで今注目を集めているのが、小規模な保育施設を充実させるということです。

 

従来はベビーシッターということで、依頼者のご家庭にベビーシッターが訪問して保育をするスタイルは存在していましたが、最近ではチャイルドマインダーという資格が注目されています。

 

この資格が普及すれば、待機児童の問題もクリアできると言われています。

 

ここでは、チャイルドマインダー資格の重要性について紹介していきます。

 

チャイルドマインダーの重要性とは?

チャイルドマインダーとは、保育施設を確保して、そこで3名程度のお子さんの保育を実施する場合に必要な資格になります。

 

民間資格であるのですが、このチャイルドマインダーの資格を持っていないと、チャイルドマインダーの仕事を行うことができません。

 

特長としては、自分のお家を利用しても実施できるという点です。

 

もちろん、どこか場所を借りて行うこともできますが、費用面でも相当な負担がかかり、運営面でもリスクが付きまといます。

 

そこで事業を行うにあたり、自宅を活用できるのは大きな利点でもありますね。

 

また、ベビーシッターの場合は2名のお子さんまでしか保育できないのですが、チャイルドマインダーは3名程度というのも大きいですね。

 

この手軽さと人数の多さから、待機児童解消の起爆剤として、チャイルドマインダーという資格の必要性が高まっているのです。

 

この後も、確実に需要のある資格と言えますので、興味がある方は早目に取得しておくことをおすすめします。