【NCMA,Japan】チャイルドマインダー講座ではどんな事を学ぶ?

チャイルドマインダーの資格というのは、今とても注目されている資格です。

 

待機児童が増えている中、家庭的な保育のスペシャリストとされるチャイルドマインダーの需要はとても高まっています。

 

チャイルドマインダーの需要が高まるにつれ、チャイルドマインダーの資格が取得できる講座も増えています。

 

そこで、その中の一つである「NCMA,Japan」の英国チャイルドマインダー講座についてご紹介していきます。

 

英国チャイルドマインダー講座って?

もともとチャイルドマインダーというのは、英国で70年以上の歴史をもつ仕事です。

 

全英で、家庭外での保育を必要としている71%の家庭が利用しているというほどに、とてもメジャーなものとなっています。

 

0歳児から12歳児までが対象となり、その家庭の教育方針に沿って、安心で安全な保育を行っていきます。

 

このチャイルドマインダーの発祥地である英国政府が認定しているメソッドで学ぶ事が出来るのが、NCMA,Japanなのです。

 

というよりも、英国政府認定のメソッドで学ぶことが出来るのは、NCMA,Japanのみとなっています。

 

講師は英国政府認定のトレーニングプログラムを熟知している方ばかりですし、安心して学ぶ事が出来ます。

 

どんな内容が学べるの?

では、どのような内容を学ぶ事ができるのか、見ていきたいと思います。

 

通学本科コース

こちらのコースは、保育や育児など未経験の方を対象としている講座です。

 

プロになる心構え、専門知識や技術などを身につけていくことが出来ます。

 

通学一般特特生コース

こちらのコースは、育児経験のある方を対象としている講座です。

 

子育ての延長ではなく、家庭的な保育の知識と技術を学び、プロとなることを目指します。

 

地域に密着している在宅保育に対応できる専門家となることが出来ます。

 

通学特特生コース

こちらは、保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格を持っている方が対象となるコースです。

 

集団保育とは異なり、家庭保育についての専門的な学習を行います。

 

児童教育者としてのスキルアップに最適です。

 

通学看護師有資格者コース

こちらは、看護師や准看護師、保健師の方を対象としているコースです。

 

病児病後児童の保育の需要が高まっている中で、看護師などの専門的知識や技術を活かし、さらに学ぶ事が出来ます。

 

NCMA,Japanには、通学講座と通信講座があり、お好きなほうを受講することが出来ます。

 

通信講座の場合、スクーリングの受講が必要となります。