チャイルドマインダー検定試験の概要

チャイルドマインダーの検定試験について詳しく知りたい方のために、詳しい概要についてまとめてみました。是非、一緒にみていきましょう。

 

まず、受講する講座によって試験内容や受講料は異なります。ただし、共通していえることはチャイルドマインダーの検定資格を受験できるのは、決められた養成講座を修了しているという事です。この養成講座を修了した人にのみ、検定試験が受けられるので注意しましょう。

 

また、合格率ですがNCMA,JAPANでは70%・チャイルドマインダージャパンでは90%の方が試験に合格しています。保育士などの国家資格は15%未満なので、それに比べるととても取得しやすい資格であるといえますね。

 

また、受験料はNCMA,JAPANで15,750円(税込)・チャイルドマインダージャパンで10,500円(税込)となっています。(*共に平成24年現在)

 

試験は、全て筆記試験でどの講座においても養成講座で勉強した範囲から出題されます。なので、試験対策として必要なのはお手持ちの講座でもらったテキストをよく勉強しておくと良いでしょう。是非、講座によっても様々なのでしっかりと下調べをしておくことをお勧めします。

 

年齢制限に注意しよう!

いくら養成講座を受講しても、年齢制限にひっかかってしまわないよう注意しましょう。受講する講座の検定試験では、何歳から受講可能なのか?これを調べておく必要があります。保育を任される立場ですので、成人に近い年齢と責任感が必要とされます。是非、一度受講する前に確認しておきましょう。

 

16歳から受験可能という講座もありますが、多くは18歳からとなっています。

 

追試もある?!

チャイルドマインダーの試験は、合格率70〜90%といわれるほど難易度は低いのですが不合格者には追試もあります。しかし出来れば、一発合格できるようにしたいものですね。最善の準備をして試験に望めるようにしましょう!

 

以上がチャイルドマインダーの検定試験の概要になります。