チャイルドマインダーの適正とは?

チャイルドマインダーを目指す人には、どのような適正があるのでしょうか。向き・不向きを判断するためにも、この適正については知っておくといいかもしれません。

 

ここでは、チャイルドマインダーの適正についてご紹介します。

 

基本はこどもが好きかどうか

チャイルドマインダーの仕事は、こども達と密に関わっていく仕事となります。

 

こども達との距離が近く、少人数制の保育を行っていく事になりますので、こどもともコミュニケーションなどは欠かせないものでもあります。

 

そんな仕事であるにも関わらず、「こどもが苦手」「少しぐずったらイライラする」というような人は、チャイルドマインダーの適正があるとは言えません。

 

やはり、「こどもが好き」「可愛くて仕方がない」というような気持ちのある方に、適正があると言えます。

 

”こどものする事”と割り切れる人

こども達は、時として全く話を聞いてくれなかったり、言った事と真逆の事をしたり、大人を挑発するような事を言ったりするものです。

 

そのような際にイライラしてしまったり、無愛想になるような人は、適正があるとは言えません。

 

どのような事があっても、こども達に対して深い愛情をもって接することが出来るような人が、チャイルドマインダーの適正があると言えます。

 

こどものする事について、ある程度割り切った考え方が出来る人が向いている仕事でもあります。

 

コミュニケーション能力がある

こども達には、それぞれ発達段階にあわせたコミュニケーション方法があります。

 

少人数制で密接な関係を持って保育にあたるチャイルドマインダーは、こども達に心をひらいてもらわなくてはなりません。

 

親の立場となってこどもを理解し、深い愛情をもって接していく事が重要です。

 

そのため、こども達からもご両親からも、信頼され心をひらいてもらえるように、コミュニケーション能力に長けている必要があります。

 

信頼関係を築き、こども達に深い愛情を注ぐ事ができるチャイルドマインダーでなくてはなりません。