チャイルドマインダーの歴史

チャイルドマインダーはどのような歴史を持っているのでしょうか。チャイルドマインダーとなるには、このような歴史も知っておくと後々質問された際にも答える事が出来、信頼に繋がります。

 

ここでは、チャイルドマインダーの歴史についてご説明します。

 

発祥はイギリスです

チャイルドマインダーの発祥の地はイギリスです。チャイルドマインダーは、イギリスでは70年以上の歴史があるものなのです。

 

イギリスで家庭外保育を必要としている育児中の家庭の、約70%以上が、チャイルドマインダーの保育を利用しています。

 

イギリスでは、産業革命の頃からチャイルドマインダーが普及し始めたと言われています。

 

産業革命によって、工場の人手が多く必要となり、その際に自分のこどもを他に預けなくては働けないということから、預かりシステムというものが出来たのが発端でもあります。

 

保育園や児童福祉施設などにこどもを預けるということは、現在では一般的になっていますが、当時は預かり保育というものが斬新なものでもありました。

 

それ以来、イギリスではチャイルドマインダーの保育というものが基本ともなっているのです。

 

先ほどもご説明しました通り、イギリスでのチャイルドマインダー保育の需要というものは非常に高く、家庭保育の70%以上を占めています。

 

このようなことから、イギリスでのチャイルドマインダーの信頼の高さや需要といったものが分かります。

 

日本におけるチャイルドマインダー

日本では、待機児童の増加や、共働きの家庭の増加などによって、保育施設の不足が問題となっています。そのような中で、様々な保育施設が注目されています。

 

託児所のある企業や病院といった場所は特に注目され、託児所がなくては働けないという親もいるほどです。

 

日本ではチャイルドマインダーという仕事はまだまだ認知されていないのが現状です。

 

ですが、今後ますます、待機児童や共働きの家庭の増加により、チャイルドマインダーという新しい保育のスタイルが確立されていくと言われています。