チャイルドマインダーの資格|自宅で開業する方法とは?

チャイルドマインダーの資格を取得した後には、自宅で開業したいと考えておられる方も多いと思います。チャイルドマインダーとして、自分のやり方で、こども達一人ひとりと深く関わっていきたいという場合には、自宅での開業が目標となるでしょう。

 

ここでは、自宅で開業する方法についてご紹介していこうと思います。

 

自宅で開業するには

自宅で開業するには、ただ単に「保育施設です!」と看板を掲げるだけではいけません。それなりの準備期間や費用などが必要となってきます。

 

○自宅で保育を行うのか、施設を借りて保育を行うのか、訪問して保育を行うのかを決める
○おもちゃ、救急箱、食事、保育に関する道具などを揃える

 

このような準備が必要となりますが、自宅か施設か訪問かという事によって、費用や準備するものが異なってきます。

 

自宅で開業する場合

・安全面や衛生面などを考慮し、リフォームや模様替えを行う。
・沐浴のベビーバスや、食事の道具、救急セット、おもちゃなどを揃える。
・チャイルドマインダー認定団体の審査を受ける。
・審査に通れば、開業することが出来る。

 

施設を借りて開業する場合

・施設を借りた後に、自治体に届出を提出する。
・場合によっては、保育士資格所持者が必要となることもある。
・保育に必要なものを揃え、設備などを整える。

 

訪問して開業する場合

・絆創膏や消毒液など、救急箱の準備を行う。

 

どういった開業のスタイルをとるかによって、それぞれこのような準備が必要となります。

 

宣伝方法は?

チャイルドマインダーとして開業した場合、自宅や施設、訪問のどのスタイルだとしても、宣伝しなくてはなりませんよね。その宣伝方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

自宅での開業や施設を借りての開業となる場合には、認定団体が紹介を行ってくれることがあります。

 

自分でホームページを作成し、ネットで宣伝するという方法もあります。ちらしなどを作成するという方法もありますし、宣伝の方法はいくらでもあります。

 

どの方法をとるとしても、どのような点を重視している保育なのかという事をアピールできるものにする必要はあると思います。