チャイルドマインダーの将来性はどう?

今、主婦に人気のチャイルドマインダー。将来性としてはどのようなものが期待できるのでしょうか。まず、チャイルドマインダーの特徴を考えてみましょう。保育士とは異なり、集団での保育ではなく、少人数制であるために児童一人ひとりを尊重しその子に合った保育をすることが出来るというのが大きな特徴です。

 

なので、預ける側の保護者も安心して任せられるという点があります。ただし、資格としては保育士のように国家資格ではなく民間資格なので、これに注意しなければなりません。しかし、今ではそのような資格にこだわった保育よりも、実際にどのような教育がされているのか?これに注目が集まっています。

 

今の日本の現状とは?

保育園や保育士を必要とする児童が増えているにも関わらず、保育士不足で保育園に入所出来ない待機児童が増え続けています。その数なんと、360万人ともいわれているのです。(平成24年10月1日現在)こんなにも多くの児童が保育園に入所できずに全国にあふれているのが現状なのです。

 

今後のチャイルドマインダーの将来性として、これらの問題を解決するために保育園だけでは対処しきれない、児童を預かってくれる場所が必要になってきます。また集団保育だけではみられない『個』を大切にする教育や、パートをしている間だけみてほしい…といった保護者の様々なニーズに応えられるそんな場所が求められるでしょう。

 

そんな時にこの、チャイルドマインダーの役割が最も必要になってくるのではないでしょうか。時間帯や、日時も相談で決められる、必要な時に必要な時間預かってもらえる、質の高い安心した場所で子供を預けられる場所があるとしたら…?どうでしょうか。

 

今後、更にチャイルドマインダーの必要性は増えてくるでしょう。

 

ただし、今はまだ知名度が低いというのも事実です。そのため、資格を取得したからといってすぐに就職が決まるというのは保証できません。ただし、今後の必要性として十分に期待できる資格であるといえるでしょう。